傍らにある風景

koukakufan.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:つぶやき( 27 )


2015年 07月 07日

たまげた

油断した日にゃ、たまげる
a0139623_16211688.jpg


by maido-ookini350 | 2015-07-07 18:12 | つぶやき | Comments(16)
2015年 06月 11日

真昼間の病室劇場

真昼間の病室劇場

「あ〜 お便所が出る〜」
「あ〜 お便所が出る〜」
懇願しながら廊下を行ったり来たり。
看護師さんか、ヘルパーさんが「ちょっと待って!」
「アカン〜もう出る〜!」絶叫だ。
「お便所が出る〜!」
お便所は出るもんではないが、頑張れ!心の中でエールを送る。

………………

かれこれ3分は経っている。
けっこう我慢出来てるじゃないか( ̄O ̄;)



***********


生まれて初めての入院。しかも1ヵ月もの長い期間。
治療としましては、コルセットをするではなく、薬や点滴もない保存療法でした。

絶対安静の10日間が一番辛かった。
仰向けになると激痛が走るので
右の腹を下にする体勢しかできなかった。
挙句の果て、右足の付け根は赤く腫れ、床ずれ寸前でした。
本当にストレスの塊でしたね。
でも、耐えに耐えたおかげで最短の4週で退院でき、もう完全復活しました^^
もう2度と入院はしたくないですが、未体験ゾーンに入れたことは人生のプラスに出来ればと思います。


つまらないお話を最後まで読んで下さり、ありがとうございました。


by maido-ookini350 | 2015-06-11 19:38 | つぶやき | Comments(6)
2015年 06月 10日

早朝の病院劇場

早朝の病室劇場

スクープだ!
例のナースステーションを陣取ってる婆さんに話しかけられた!
しっかりした口調だ!
目も決してうつろではなく力強い瞳だ!

「私の株どないなっとる?」


「知らんがな」





by maido-ookini350 | 2015-06-10 17:32 | つぶやき | Comments(6)
2015年 06月 09日

真っ昼間の病院劇場

真っ昼間の病室劇場

隣の病室に90歳過ぎの爺さんがいる。
時折、同じフロアの友人であろう婆さんが車椅子でおしゃべりに来る。



婆さん「朝ごはんは何やった?」

爺さん「パンや」

婆さん「美味しかったなぁ」

爺さん「美味しかった。ここは、ええ米使っとる」

婆さん「ほんまや」

………。

会話が成り立っとるから、まぁええか。

by maido-ookini350 | 2015-06-09 20:23 | つぶやき | Comments(4)
2015年 06月 08日

真夜中の病室劇場 2

真夜中の病室劇場

「あー」「あー」
決して発声練習ではない。
苦しそうなわりには、張りのある声だ。

見舞いに来てくれた友人が言う妖怪のような婆さんの話を少し。

ナースステーションの受付に90歳は超えてる婆さんがいつも陣取っている。
どんな時間帯でも陣取っておられる。
初めて見たとき、昼メシを誰よりも早く欲しいがための配給待ちかと思った。
いやいや、あの年齢で食欲は無かろう。栄養はほぼ点滴であろう。
なぜ陣取っているかは不明である。

そんなある日、洗髪が自由になった私はナースステーションに
シャンプーのお伺いに行ったところ婆さんが一人増えている。
レギュラーの婆さんは『あんたにこのベスポジは10年早い!』と言いたげに新参者の婆さんをはね除けている。
いやいや、あなた方に10年は致命的だ。

シャンプーの断りを入れようと「すみません、看護師さん…」と私。
間髪入れずに婆さん2人組がハモりながら「ほぇ〜」と振り向きつつ返事された。
いやいや、婆さんらに用事はない、よしんばあったとしても、何をしてくれるねん?
ただ、婆さんも私も車椅子。目線が同じである。仲間意識が芽生えたのは事実である。

今だに「あー」「あー」言っている。
歩けるようになったので調査に行ってみようか?

怖くて行けるか!
午前0時

by maido-ookini350 | 2015-06-08 19:30 | つぶやき | Comments(6)
2015年 06月 06日

真夜中の病室劇場

この場所は、本来写真のみで無愛想で面白味のないブログなんですが
たまには息抜きと言いましょうか、写真なしで文章だけも面白いかもと思い
1ヵ月間の入院生活の奇怪で笑える出来事を綴ってみようと思います。
なお、本文は入院中にfacebookに投稿しましたので、読んで頂いた方は最新号でないこと、ご了承願います。

ではでは、第一話でございます。

***********


病院の夜中は、普段体験出来ないことが起こる。

足が悪くて歩行困難なご婦人であろう、
病室からひたすら看護師さんらしき人を呼んでいる。

「高野さーん」「えみこさーん」
「ちょっと来て頂戴」
時間は、朝5時。
しかしながら、どなたも駆けつけて来ない。
「なんで来てくれないの私、足が悪いから行けないの。意地悪しないで来て頂戴」
関西なのでおばはんパワーで口が悪くなりそうなものだが、すこぶる上品だ。
「そこの、ぼくちゃんこっち来て」
時間は朝の5時半。
ぼくちゃんは、この病棟にいないはず。
おそらくあっちの世界と交信出来るのだろう。

「台所にいる人、お金出すからちょっと来て」
「台所さーん」
もう訳わからん。




by maido-ookini350 | 2015-06-06 23:48 | つぶやき | Comments(10)
2015年 03月 31日

無事、帰宅

今日、3/30退院して来ました。
入院中にも関わらず、ブログにご訪問して頂いた皆様、本当にありがとうございました。
温かい励ましやご訪問履歴を見て何とも感無量の思いでした。

完治までにはあと1ヵ月ほど掛かるようです。
無理せずにぼちぼち頑張ろうと思います。
桜の季節に撮影は微妙ですが、もし撮影出来たらまた仲間に入れて下さい^^

遅くなりましたがこの場をお借りしてお礼申し上げます。
ありがとうございました^^


by maido-ookini350 | 2015-03-31 00:27 | つぶやき | Comments(26)
2015年 03月 17日

その後

緊急入院から2週間と1日。
絶対安静にしていたおかげで
順調に回復しています。
ストレスの一つであった管もはずれ
今では車椅子でトイレに行っています。
20日くらいに左に体重を掛けながらのリハビリなるらしいです。
その経過を診て外出許可が出るかも^_^です。

やっと半分です。
無理せずに頑張ろうと思います。



by maido-ookini350 | 2015-03-17 16:21 | つぶやき | Comments(13)
2015年 01月 02日

2015年 今年もお願いします

a0139623_13051919.jpg
穏やかな2015幕開け

おめでとうございます
今年もどうぞよろしくお願いします


by maido-ookini350 | 2015-01-02 13:06 | つぶやき | Comments(18)
2014年 12月 29日

2014 ありがとうございました

2014年がもうすぐ終わろうとしています
今年もたくさんの方に見て頂き、励みになる嬉しいお言葉をもらいました

2015年も見た目だけの恰好の良い写真ではなく
気持ちを込めて心に残る写真を撮れるように精進したいと思います
そして、撮らせてもらえる偶然の瞬間に感謝の気持ちを忘れずに

本当にありがとうございました
皆様、良いお年をお迎え下さい
a0139623_23152271.jpg


by maido-ookini350 | 2014-12-29 23:30 | つぶやき